Publications

Export 103929 results:
Sort by: Author [ Title  (Desc)] Type Year
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 
西澤, 内海, and 石本政男, "遺伝子組換えによるダイズタンパク質の改良", 育種学研究= Breeding research, vol. 4, issue 1, pp. 165, 2002. Abstract
n/a
, 简历, , 2016. jian_li_.pdf
Mohamed, A. S. E., 田村泰次郎文学における女性登場人文物の考察 『春婦伝』を中心に, , 2016. Abstract

第二次世界大戦が終了してから、今年で70周年となる。日本は、毎年の終戦記念日に合わせて、この悲劇的な経験を若い世代に伝え、二度と悲劇を繰り返さないために、平和の重要性や核兵器廃絶の必要性を、国を挙げて世界に訴えてきている。
 また、日本において、この戦争に対する関心は高く、今でも、様々な視点から戦争や敗戦について扱った書籍が次々と発表されている。戦争とそれに続く敗戦の経験は、当時の人々の人格形成に大きな影響を及ぼした。戦争を生きた多くの日本人作家が、それらの壮絶な経験を作品にしたためている。これらは「戦後文学」といわれ、作家の中には、徴収兵として前線で武器を持って戦った者もいる。アジアの前線で戦った徴収兵達の日本への帰還、および、長期に渡った戦闘とそれに続く敗戦による精神的トラウマなどは、「戦後文学」における重要なテーマとなっているが、田村泰次郎も、多くの短編・中編小説を発表した「戦後文学」作家のうちのひとりである。田村の作品の多くは、中国の前線への自身の徴兵体験や、中国における戦闘、敗戦、そして日本への帰還などの重要なテーマを扱っているが、肉体の開放と(当時)自由な性表現が多く使われた初期の作品が注目をあつめ、長年、風俗小説作家としてカテゴライズされてきたため、これまで、同氏の作品は、「戦後文学」としての十分な研究がなされてこなかった。しかし、田村が、他の戦後文学作家に先駆け、戦場における女性像を生き生きと描写したという点は注目に値すべきである。中国戦線における従軍慰安婦や、日本で留守を守る兵士の母親や妻、パンパン達。彼らの立場は、これまでの「戦争文学」のあり方に新しい視点を加えた。本論文では、この点を中心に分析していきたいと考えている。
 まずは、簡単に田村泰次郎の生まれ、生い立ち、文学活動に触れたい。
 1911年11月30日、三重県に生まれた泰次郎は、父の薫陶を受けながらたくましく育った。泰次郎は、中学時代から、剣道とともに文芸作品の創作にも積極的に取り組む文武両道の学生だったと言われる。級友とともに同人誌「街燈」を創作し小説を発表するなど、早くからその多彩性を発揮した。
 泰次郎は第二早稲田高等学院を卒業後二年制予科で勉強した。予科在学中の1930年12月には、同学科の学生と共に雑誌「東京派」を創刊している。東京派は六号まで続き、泰次郎は小説『成長記』『病気』『文学』『仏蘭西の新しい雑誌』、や評論『活動的言語と現実』などを発表した。
 1931年4月に早稲田大学文学部文学科仏蘭西文学専攻に進学した後も、フランス文学の最新の方法をとスタイルを学びながら、自らの個性的な作品を発表し続けた。1933年5月に文学雑誌「桜」の創刊号に、田村泰次郎が長編小説『をろち』を発表したが、残念ながら未完成に終わった。1934年3月に卒業した田村泰次郎は、その後、新人作家として華々しく文壇に名を連ねることとなる。田村の転機となったのは、1940年から、陸軍の応召を受け、中国大陸における足掛け7年にわたる戦場体験である。戦場において、田村は軍隊の非道性と現地の人々無残な姿を目の当たりにした。この心に刻印された戦争体験は以後の泰次郎に人間の尊厳とは何かを問いかけることになった。田村が中国戦線を戦っている間に刊行された『強い男』『銃について』、及び『学生の情熱』は好評を博した。1946年に復員した田村は、同年に『肉体の悪魔』、また、1947年に『肉体の門』を発表した。『肉体の門』及び『肉体の悪魔』は、肉体の開放は人間の解放であるとの衝撃的な主張をもって、当時の世間の話題を呼んだ作品である。そして、1983年11月2日、永眠した。
 田村泰次郎は、上述のように、『肉体の門』及び『肉体の悪魔』の強烈な印象から、長年風俗小説作家としてカテゴライズされてきたため、これまで、同氏の作品は、「戦後文学」としての十分な研究がなされていない。占領期や植民地文学、戦後文学の研究が進むなか、田村泰次郎の作品が改めて読まれ、田村の「戦後文学」としての研究範囲が広がることを期待している。
 2011年から今まで、田村泰次郎の数多くの作品を読んできた。特に戦後(1946年~1951年)に執筆された作品を精読し、またそれに係る先行研究や書籍などを詳しく調べた。田村泰次郎の作品の数多くに、従軍慰安婦や、戦後日本のパンパンたち、敗戦後、日本へ戻って来た生き残された軍人たちの母親が現れる。要するに、田村の戦後作品は主に戦争に召集された兵士たち男性を主人公に、その母親か、肉体関係を持った女性(パンパン乃至従軍慰安婦)が女性主人公に設定されていることが

Karam, H., A. E. Hassanien, and M. Nakajima, "極分解補間を用いた線形フラクタル形状のアニメーション", 映像情報メディア学会誌, vol. 53, no. 3: 一般社団法人 映像情報メディア学会, pp. 411–416, 1999. Abstract
n/a
Mostafa, A. M. F., "昭和30年間の日本人精神史・安岡章太郎はこう語った", 国際シンポジューム, 国際日本文化研究センター, 2000. 戦時下戦後30年の日本精神史.docx
Safaa, H. M., 冯京海, and others, "日粮蛋氨酸, 亚油酸及脂肪含量对褐壳蛋鸡产蛋后期生产性能及蛋品质的影响", 中国畜牧兽医, vol. 35, no. 11, pp. 39–39, 2008. Abstract
n/a
Safaa, H. M., 冯京海, and others, "日粮蛋氨酸, 亚油酸及脂肪含量对褐壳蛋鸡产蛋后期生产性能及蛋品质的影响", 中国畜牧兽医, vol. 35, no. 11, pp. 39–39, 2008. Abstract
n/a
Safaa, H. M., M. P. Serrano, X. Arbe, G. G. Mateos, 刘冰, 霍艳军, and others, "日粮主要谷类和饲料类型对褐壳蛋鸡生产性能和消化道的影响", 饲料与畜牧: 新饲料, no. 5, pp. 52–52, 2009. Abstract
n/a
Safaa, H. M., M. P. Serrano, D. G. Valencia, X. Arbe, E. Jiménez-Moreno, R. Lázafo, G. G. Mateos, 霍艳军, and 雷蕾, "日粮中蛋氨酸, 亚油酸和脂肪添加水平对伊莎褐蛋鸡产蛋后期生产性能和蛋品质的影响", 饲料与畜牧: 新饲料, no. 9, pp. 58–58, 2008. Abstract
n/a
Safaa, H. M., M. P. Serrano, D. G. Valencia, X. Arbe, E. Jiménez-Moreno, R. Lázafo, G. G. Mateos, 霍艳军, and 雷蕾, "日粮中蛋氨酸, 亚油酸和脂肪添加水平对伊莎褐蛋鸡产蛋后期生产性能和蛋品质的影响", 饲料与畜牧: 新饲料, no. 9, pp. 58–58, 2008. Abstract
n/a
Safaa, H. M., and others, "日粮不同钙源与添加水平对褐壳蛋鸡产蛋后期生产性能及蛋品质的影响", 中国畜牧兽医, vol. 35, no. 11, pp. 129–129, 2008. Abstract
n/a
Ismaeil, Y., 埃及学生阅读中文报刊面临的词汇困境与策略, , Giza, Cairo University, 2015. Abstract

摘要
报刊作为一种大众媒介,每个国家和民族都必不可少。他的信息包容万象,成为人们了解社会、认识世界的窗户。同时,各个国家、民族的报刊也体现了不同的文化特点,透露不同民族意识形态和文化内涵的差异。

如今,在国际汉语课程体系中,中文报刊阅读课受到越来越多教师和学生的重视。它对进行汉语学习的埃及学生交际能力、了解中国文化起着举足轻重的作用。阅读中文报刊有助于埃及学生把握中国的社会、经济、生活动态,学习使用中国当下流行的新词新语,并与当代中国人交流社会热点问题,从而加深对中国社会的认识,提高汉语交际水平。

无论是哪种语言,词汇都是其最基本最重要的组成部分。教埃及人学习汉语, 从教学内容而言, 一般认为包含五个部分: 语音教学、文字教学、词汇教学、语法教学、文化教学。虽然这五部分都是对外汉语教学的重要组成部分, 但是我个人认为,词汇教学应该处在对外汉语教学的中心位置,在阅读中文报刊课中,词汇教学也一直占有重要地位。

对埃及学生来说,阅读报刊文章时遇到的障碍一般是词语太多、篇幅太长、不了解相关背景。而词语往往会被认为最难的部分。除了报刊文章中的词语数量多的问题,这些词语也是学生平时不常接触的新词语、书面语、俗语等,理解起来比较难。报刊阅读中的很多词语也继承了丰富的中国文化内涵。因此,如果学生要好好地理解报刊词语,那么,首先要具备一定的文化背景以及特定的语言环境。由此可见,报刊阅读课上,对文化背景知识的介绍到是必不可少的。大部分的埃及学生也没有认识到报刊阅读课的重要性。他们认为报刊阅读课就是读新闻,不关心新闻就没有必要学习报刊阅读课。但是,如果教师及时向学生介绍当前热点话题或当前发生的重大事件,这样做不仅可以使学生学到一些新词语,也可以使学生了解中国的新闻,以调动学生阅读报刊的积极性。那么,如果不采取有效的教学方法,学生词汇贫乏,就不能透彻地了解新闻文章的含义。因此本文将从词汇方面看埃及学生阅读中文报刊的困境,并探索报刊阅读课词语教学的必要性及教学策略。

Xiong, X., S. Zhai, Z. Yao, T. Tazawa, H. -qing Zhao, Y. Li, M. R. Meselhy, N. Nakamura, T. Akao, and M. Hattori, "和漢医薬学雑誌= Journal of traditional medicines 20 (5), 201-207, 2003-10-20", Prog. Neurobiol, vol. 56, pp. 211-235, 1998. Abstract
n/a
, 分離型磁気シールド装置, : JP Patent 5,983,919, 2016/08/12/. Abstract
n/a
志水勝好, 森田あす美, and S. A. SAFINA, "ナンヨウアブラギリの形態的特徴と発芽特性", Morphological and germination features of Jatropha (Jatropha curcas L.) Second FOPD–May 18th, 2013. Abstract
n/a
Shoko), 河田尚子(K., 水谷周(M. Makoto), リーム・アハマド(R. Ahmad), 前野直樹(M. Naoki), 松山洋平(M. Yohei), and 松山朋子(M. Akiko), "イスラームにおける女性の位置づけーエジプトを中心に(Position of Women in Islam: focusing on Egypt)", イスラームと女性(Islam and Women), Tokyo, イスラーム信仰叢書(Islam Shinko Sosho), 2011.
El-Kader, A. A., アラブにおける日アラ・アラ日翻訳問題:その解決を探る研究, , Riga, Globe Edit, 2018. AbstractWebsite

論文の要約
 アラブ人のアラビア語・日本語並びに日本語・アラビア語に関する翻訳の問題点を検証し、解決を探る研究である。本論では、直訳と重訳の二軸を立てて考察したいと思う。  先行研究の焦点として、一般的な翻訳の問題を探り、解決すると同時に、日本語とアラビア語両言語における特徴について、当研究の共通点の提示と論者の両言語間に於ける諸問題への検討と解決法も考察する。 翻訳研究という直接の分野と、印刷などの関連の分野、この双方の分野での問題を探り、解決方法を見いだす。  本研究は、次の主な柱がある。 イ. 翻訳の一般的な問題。 ロ. アラ日両言語の翻訳における問題点提起。 ハ. 構造社会学の視点で、翻訳史に見られる翻訳諸問題を明らかにする。 ニ. 翻訳研究専門家と関連分野の専門家の研究を参考にし、問題を探る。 ホ. インフォメーションテクノロジーと意味論を、翻訳家と学生に、便利さと応用の方法を提示する。問題の一部への解決方法の他、言語学習の効率化について提示する。 ヘ. 翻訳技術の基準への紹介・翻訳技術基準の導入。【翻訳家用として;翻訳ディプロマの科目の一として】 ト. 提案される翻訳ディプロマに次の項目も新たに導入。  日本語の意味論。  アラビア語の意味論。  機械翻訳。  計算言語学。  推理言語学。  前述の問題の全部(2の問題を含む)を章別に取り扱い、解決を探る翻訳研究の研究である。  本研究の望まれる結果は色々であるが、アラブ圏とエジプト側と日本側との関係強化・翻訳を交流活動の延長線上にすえて活発化させることが目標である。 *各問題の解決は、本論で試みた。 ここで、論文の要約が終わる。さて、「アラ日両言語の翻訳を全面的に取り扱う」といわれる本研究の他にも、(同著者の)同上の言語の詩翻訳と言語表現の翻訳についての研究も出版済みであるが、双方はアラビア語なので、アラビア語ができる方にお薦めします。

キーワード:
翻訳、翻訳学、翻訳研究、意味論、翻訳史、翻訳技術、機械翻訳、計算言語学、推理言語学、翻訳標準

, "『家族団欒図』・父親の再婚と敗戦の終焉", 『日本研究』、国際日本文化研究センター紀要, issue 第41集, 2010. 家族団欒図父親の再婚と敗戦の終焉.doc
Mostafa, A. M. F., "『ハウス・ガード』『ガラスの靴』・被占領者の屈辱」", 『日本研究』、国際日本文  化研究センター紀要, issue 第20集, 2000.
Mostafa, A. M. F., "「日本とイスラム文化における旅と巡礼」、『姫路法学』", 姫路独協大学紀要, issue 第29、  30合併号, 2000.
Mostafa, A. M. F., "「『肥った女』・戦時下に生きる都会の若者たち」", 『中京国文』、中京大学文学部  紀要, 1998.
shireen mubarak, ✔ نهر النيل فى العلاقات المصرية – الإثيوبية 1930- 1974 , , القاهرة, دار الكتب والوثائق القومية , 2017.